妊娠初期に起こる頭痛

みなさまこんにちは。

 

妊娠初期の状態は生理前症候群に良く似ていますよね。そのせいで、さまざまな体の不調に悩まされていませんか?

 

今日はその中から、「妊娠初期におこる頭痛について」がテーマです。頭痛は本当にツライですよね。しかも妊娠中となると薬には頼れないので余計に辛い。

 

このつらい頭痛はどうして起こってしまうのか?どうやって対処すればいいのかについてご紹介します。

 

妊娠初期の頭痛の原因と対処方法

妊娠初期、人生の中でこれほど幸せを味わえる時間がほかにあるのだろうか?そう思える程の幸福に包まれる時間。こればっかりは女性の特権。女性に生まれた幸せをかみしめる時間です。

 

しかし、そうとばかりは言っていられない。妊娠初期の女性の体は、さまざまな変化への対応を迫られている時間でもあるのです。しかし、あまりにも急速な変化に対応しきれず、体調不良といった形でカラダに現れる事があるのです。

 

その一つに妊娠初期の頭痛という症状があります。元々頭痛を持っている人がその症状を悪化させたり、あるいはまったく頭痛とは縁が無かった人でさえ、妊娠初期には頭痛を発症する事が少なくないのです。

 

妊娠初期に起こる頭痛

妊娠初期に起こる頭痛/頭痛の種類

頭痛は大きく分けて3種類、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛に分類されています。妊娠初期に起こる頭痛ですが、その多くが片頭痛なのです。

 

妊娠初期に起こる頭痛/きっかけ

妊娠初期の頭痛は、外出先でちょっと歩いただけ・軽く運動をしたなどで引き起こされる事もありますし、椅子から立っただけ、空調の異なる部屋に移動しただけなど、ちょっとした環境の変化にも反応してこの片頭痛を誘発する事があるのです。

 

妊娠初期に起こる頭痛/痛みの特徴

この片頭痛の特徴は、その名が表すような頭の片側だけ痛む場合もあるのですが、後頭部だけ・頭全体に痛みが及ぶ場合もあるのです。脈を打つようなズキズキとした非常に強い痛みが特徴の一つ。一度痛みを感じ始めたら、何も手につかなくなり、寝込んでしまったという事もしばしば。食べ物の味・匂い・明かり・空調の変化・大きな音など5感で感じるすべての事に反応してしまい、その痛みが強くなることもあるのです。あまりにひどい場合には、吐き気をもよおしたり、実際に嘔吐する場合もあります。

 

妊娠初期に起こる頭痛/痛みの長さと頻度

強い痛みを感じるのは1〜2時間程度、その後も数時間から長い場合には数日間この痛みが続くことがあるのです。頻度は人それぞれ。毎日頭痛に悩まされるという人もいますし、月に数回という人もいます。

 

妊娠初期に起こる頭痛/メカニズム

これは、妊娠初期に大量に分泌される黄体ホルモンが大きく関係しているのです。この黄体ホルモンによって、着床した受精卵を子宮内で育てるための良好な環境が維持されています。また、母体の血管を拡張させ、血液循環を促す働きも持っているのです。

 

しかし、この働きが頭痛の原因となり得るのです。黄体ホルモンの働きによって拡張した血管が、周囲の神経を圧迫・刺激して頭痛や吐き気・嘔吐を引き起こしているのです。

 

妊娠初期の頭痛に対する対処

通常であれば、病院で鎮痛剤などを服用して対処するのが一般的な方法ですが、妊娠中に薬の服用は控えたいと考える場合もありますよね。では、この辛い頭痛にどうやって対処すればいいのでしょうか?

 

まずは安静に

片頭痛は体を動かすことで痛みが強くなるのです。また、前述しました通り、5感すべてに反応する場合も少なくありません。まずは、部屋を暗くして安静にし、なるべく楽な姿勢で休みましょう。軽い睡眠により血管の収縮が早まり、改善も早くなる事があります。

 

痛む場所を直接冷やす

妊娠初期の片頭痛の場合、血管の拡張による神経への圧迫や刺激が原因となっています。冷却ゲルや氷枕、あるいは冷やしたタオルなどで痛む場所をダイレクトに冷やしてみましょう。これによって、血管の収縮が促され、痛みが和らく事があります。

 

温める

冷やしても改善しない、あるいは痛みが強くなる場合には、血管の収縮ではなく、凝りが原因かもしれません。その場合には、温め専用のグッズなどを活用するか、ホットタオルなどで首や肩など、凝っている場所を温めてみましょう。ドライヤーの温風をゆるくかけてみるというのも良い方法ですね。くれぐれもやけどには注意してください。

 

それでもだめなら

迷わず医師に相談します。妊婦さんに多い貧血などが原因でも頭痛は起こりますので、貧血の改善で頭痛の改善に期待できることがあるのです。また、妊娠中に服用できる鎮痛剤もあるので、検討してみるのも悪くない選択かもしれませんね。

 

まとめ

幸せな妊娠生活を頭痛に邪魔されない。でも、頭痛は襲ってくる。そんな時のために普段からグッズをそろえておくと安心ですよね。

 

もし、何をしても頭痛の悩みから解放されない場合には、あまりガマンしすぎず迷わず周囲の人やドクターに相談しましょう。一生を通して、そう多くは経験できない妊娠生活。せっかくなら楽しんで、日々を送って下さいね。